比較的お休みも取りやすくまた、人間関係がとても恵まれていると思います。

会計事務アシスタント パートBさん(主婦)

Q1.どうやって鳥山会計の募集を知りましたか

友人からの紹介です。こちら(鳥山会計)にパートさんで入ってらした方に紹介していただきました。

Q2.なぜ、鳥山会計に応募しましたか

まだ小さい子ども(小学生)がいるものですから、家がとても近いこと、それからシフト制ではなく、比較的お休みが取りやすいとのことで応募させていただきました。

たとえば、子どもの行事に合わせて半日だけ出勤するということもできると友人の方から聞いていましたので。

「環境がいい」と聞いたいたのですが、もともと会計とは関係のない勉強をしていたので、まったく未経験というところがあり、ちょっと無理じゃないかと・・・

簿記の資格も持っていないとお伝えしたら、「ヤル気があるのだったら面接に来てください」と言われて面接に伺いました。

(採用されて)入ってから3ヵ月の間に簿記の資格は取ったんですけれど、それくらいヤル気があるなら大丈夫」と言っていただけました。(資格や経験がなくても)ヤル気次第で採用してくださるところがあり、それ以来お世話になっています。

Q3.勤めてから何年くらい経ちますか

2年半くらいです。もう少し(今年の10月)で3年になると思います。

Q4.どのような仕事内容ですか

会計事務の補助ということで、パソコンに向かっての仕分け入力が中心です。そのほか書類の印刷・郵送作業など一般事務的な仕事もあるのですが、基本的には仕分けの入力です。

パート・補助ということで決算を組むところまではやっていないんですが、その入り口的なところを行っています。お手伝いも含めて(仕事が)増えてくれば、やる内容も増えてくるという感じはあります。

Q5.鳥山会計で働く理由は

ヤル気で採用してくださって、やはり環境が良いということですね。
人間関係がとても恵まれていると思います。

Q6.仕事の面白さ、難しさ、やりがいについて教えて下さい

面白さについて –
詳しい分野ではなかったのですが、大人になると何もしていなくても社会保障とか税金のこととか、どうしても関わってくることがありますので、そういう意味で興味があります。

お仕事としてやらせていただくことで理解が深まったり、世の中の仕組みに詳しくなるというところに面白さがあるかな、と思います。

– 難しさについて –
難しい点は、会計ですので数字を合わせていくというようなところがありますので、私はわりと好きなのですが、そういうのが苦手な人には辛いのかな?とも思います。

分からないところは自分で調べて、先輩に「こういうふうな理解で大丈夫ですか?」とか、「このやり方で大丈夫ですか?」と確認は取るようにしています。


Q7.どういった人に鳥山会計をお勧めしますか? 

(会計という仕事は)「細やかさ」というのが必要なんですが、ある程度の「大らかさ」というのもあったほうがいいのかなと思います。ある程度の下ごしらえ・補助のため、分からない部分もありますので・・・

自分に任された部分は細かく出来て、ただ分からないところまでは無理なので、そこには大らかさとか許容とかあったほうが良いのかなと。

パソコンが得意ということはもちろんなのですが、(パソコン関連の)資格があるとかよりもパソコンが抵抗なく扱えて、入力に抵抗がなければ大丈夫だと思います。

– 自由にお話しください –

(鳥山会計は)女性で近所の方が多いので、小学校や中学校のこととか、そういう情報交換もできたりします。同じ年頃も子どもを抱えている方がいらっしゃるので、何かあったときには聞けるという、そういう働きやすさもあります。

子どもがいて近くで働くとなると、埼玉では事務職の求人がそれほど多くないので、女性のスタッフが増えてきていますね。場所も雰囲気もいいです。